2018年07月03日

蹴球W杯2018

書きたい事は溜まるし、描けてないモノは溜まるし!(いつもの)
そんな中、4年に1度の…サッカーワールドカップが! 8年ぶりの決勝T進出かつベスト8に近いベスト16の結果を残したので!記念にニワカブログを書きに来ました!

フィギュアスケートも野球も経験者ではないのに、何で見てて楽しいんでしょうね。人を焚きつける何かで見入ってしまう。そんなド素人は黙っとれ感想です。安定の長文駄文。↓



+++

2018はじまりジャパン。前々監督はたった半年だけ。
前監督ハリルさんは3年就任で大会2ヶ月前に解任。3年間なんだったのかーと。
理由をさぐれば、代表メンバーはスポンサーに媚びた忖度ジャパンといわれる始末。
こんな不審さで始まって応援しにくい今大会。

前大会はグループリーグ敗退で盛り上がりが冷えてるし、メディアも過去に比べて盛り上げてないし、4年に1度だってのにこの地味さで大会始まるのかー…となってました。

勝たないと盛り上がらない事はわかってたので、初戦のコロンビアで勝てた事は大きいなー!と。
内容は相手に助けられた要素が強かったものの、勝ちは勝ちで価値あるものに。

セネガル戦では2-2で勝ち点的にもイイ盛り上がり。
だんだん注目されてきた感で迎えるポーランド戦。

1時間以上リアタイで内臓バクバクさせながら食い入って観てて。それが後半終盤でパッと見は「逃げ」プレイ。ブーイングの中の「無気力試合」。勝ってるポーランドもお察し。
負けて決勝Tに進出できたものの後味に影響がでます。マラソンでゴールテープが見えてからの車搬送のような。
ロシアに行ったサポや、サッカー少年たちの熱を心配してしまう試合の終わり方。
熱くなったエンジンが常温になるくらいの時間をかけてから「やむをえない」「賛否分かれて当然」「結局チームが一番辛いんだろうな」って気持ちになりましたけど。

これでウエンツが友達と喧嘩した話(ワイドナ談/仮に作り話だとしても賛同意見も分かれてる)を聞いても、やっぱり賛否クッキリだなーと
ダイジェストで観た人って、のめり込む時間もないから頭が冷静じゃないですか。それで賛否にケチつけてた話もセヤナァって聞いちゃってたけど、ウエンツの話は熱が熱いうちの事故だなーって聞いてて面白かったです。

そのくらいインパクトを残したし、選手にとって相当これまでになく屈辱的に悔しかったと思うのね。
それを決断した監督もメチャ勇気のいる判断だったんだけど、監督が信用ならない人だったら「自分の記録功績の為だけに選んだ選択だろう」とか思っちゃいそうで。
顔が良いのか、目が曇ってないせいなのか、全く汚さを感じなかったので…来期も監督を続投して欲しいなぁ!
(ベルギー戦を観るまでは絶対解任されると思ってた)

海外メディアから袋叩きで始まる決勝T。ここでの日本って浮いてる感があって。
スター選手や強豪国が既にGLで敗退してるってのに日本がいるんですよ。
ドーベルマンやシェパードどころかオオカミやジャッカル、そういう集団の中のチワワのようなモノじゃないですか。サッカーW杯恒例、日本の試合を観た後の海外試合を観ると、ボミオス⇔ピオリムじゃないですか。
言いたい放題フェイトブログのようでグウ音でもあったりするじゃないですか。

しかも対戦相手が強豪の中の強豪で、超攻撃型とか22連勝とかパワーワードまみれのベルギーですよ。
どんな公開処刑なのか。前大会の決勝戦(ドイツ7-1ブラジル)を越えるのか。
今大会の3試合を見てマイナスな事しか考えてませんでした。

フタを開けてみれば…本当にスミマセンでした!!
前半も10分…15分…30分…「無失点で粘ってるよ?!」ってそれがもう高評価!!

後半戦で先制点を取ったのが日本だった事に目を疑ったし!アナがゴールって言う前の0コンマで、「錯覚?オフサイド?そういうの大丈夫?」って考える時間が自分の中で長くて。

その1点目の功績に拍手しながらも、まだ勝てると思ってなくて。
それは相手を本気にさせ、より恐ろしくなる意味合いからで。

更に4分後に前の3試合にも無かった「もう追加点」という夢のようなシチュエーションを見て。
しかし相手はベルギー。まだ全然まったく安心できないんだけど、ちょっとイケてしまうのでは?ってわずかに浮かれる気持ちも隠しきれず。

これ日本人サポーター絶頂の出来事なんで!!
そこに生きていた夢のような時間の証をおおさめください!!

180703.jpg


いやコレ↑じゃ録画とかわらない…と時間付きツイッターにリンク。↓
※フェニックス幻魔拳(アニメ版/良い夢を見させてからの精神崩壊悪夢)




18分間の夢のあと1点奪われ→5分後に2点目→11分後に3点目→敗退

汚点レベルの惨敗を覚悟してたのに、期待を与えると欲深になる見本でした。
実力差でベルギーが圧倒的に勝ってても、上手くやれば(前半で相手GKがボールポロリした時とか/結局取ってるけど)勝機があって、実際勝ってた時間が18分もあったので!!
「逃げ切れたら」「せめてPK戦まで見たかった」と溢れるタラレバ欲。

それで『ベルギーには「逃げ切れたら」が通用しない』『攻めてもヤバイ』を実践で示され、ポーランド戦の批判を一掃させる展開なのも良かった。攻撃は最大の防御戦を日本で見れたのは宝だったなー。

そこからのカウンターの恐ろしさね。
ゴール裏カメラから正面であのカウンターを見た時に重なった恐怖。
3/11の引き潮からの津波でした。血の気が引いてゾッとした。
あれは責められない。負けたけど納得できる。

とにかく。ポーランド戦のパスサッカーのあとに、ベルギーに惨敗してしまったとしたら。空港のお出迎えから、未来のサッカー少年の期待まで、あらゆる面で余計な心配してたんですよ。

負けたけど良かった。ベスト8に近いベスト16。仮にベスト8になれても超惨敗だったらショッパイ気持ちになってたのかもしれない。
ナイス・メイク・ドラマ!で終わって良かったと思う素人感想でした。
いや~!駄文たくさん殴り書きしたい程ヨカッタすっきりした!


時系列は自分のツイッターを参考にしました。この日はキャプテン翼も名勝負回なのでツブヤキも数倍ヤカマシイ日でした。
→【ツイログ

+++

も1つW杯関連で書きたい事があったんですけど…
あわよくば絵にしたかったんですけど…
既に長すぎるし、気が向いたらまたどこかで…


posted by TORA at 22:22| オタ雑記 | 更新情報をチェックする