2014年07月04日

ドリマ上映感想

6/13(金)~26(木)までの2週間限定公開だったのが、
めでたく週末29(日)まで延長し、いよいよネタバレ解禁か…!
…いつもオマエは遅いんだよー!って感じですが、
イナズマの劇場限定アニメ、超次元ドリームマッチ観てきました!
6/15の舞台挨拶を2回分…!もっと見たかったんですけどね…。
なぜ夜やってくれなかったしぃ…。もう円盤待ちしかない!

【追記】
これ書いた日に、池袋のみ7/11まで再延長上映とな!
おめでとう御座います!一応ネタバレ注意であります。

↓ 感想は記事畳みます ↓


【はじまり】
都合が悪い日だったんだけど、この先もうイナズマでビッグな
イベントはないんじゃないか…ってチケット取りの直前まで
グネグネ悩んで運を友達に託してみたら見事素晴らしきお席を
いただけたので犠牲を払って舞台挨拶を堪能してきました!

このお友達にはズマにハマりたての頃から良い思い出をたくさん
もらってるなぁ。いただいた絵も全部お宝!(いま反芻してきた)
有人レジをユウトって読める源鬼縁です。


【上映:ダン機】
今思えばダン機は最後の燃料だったのでしょうか。
このフォローしながらフォローされてない感じの発言的に→
キレイな終わり方で良かったと思うけどね。
ダン機はBGMがやたらカッコイイのだけど、音響の良い劇場
だった事もあってよりゾクゾクきましたよ。  BY BAN


【上映:きぐるみ劇場】
イナダン4主人公(円堂・天馬・バン・ヒロ)の着ぐるみ劇場。
天馬ポップコーン→ヒロがホットドッグ→バンちゃんチュロス→
後輩にやさしい円堂さんの残り物はジュース。
古い円堂さんは相変わらず怖い。アニメ系でも長拓系でもない
ゲーム1~2あたりの元祖OP作画を元に作られた円堂さん。
でも豪炎寺さんは…それでもない気がする。どこの人…。


【上映:ヒストリー】
公開初日の金曜と翌日の都合が悪くて結局舞台挨拶の日が
初見だったんですけどね。初代OPからイナギャラまで
曲と映像で綴るヒストリーには涙腺崩壊してしまった!!

無印1期のOPが一番ヤバイはずなんだけど、これは
今やってる再放送のおかげで耐性ついててセーフ!
でも2期の映像からヤバかったw
ウィーズたんやっぱカッコイイ///ってなりつつ涙腺ぶわぁ!
3期きて、GOきて、大和やっぱキャワワ///ってなって、
イナクロでまた肩までグズズッってなるレベルの涙腺崩壊。

同伴の友達も、初日は周りが凄くヒックヒック泣いてるって
言ってて。こりゃたしかにアカン!
映像自体は「何だただのOP集+映像編集か」って感じなのに!
思い入れあげてると、その時その時の思いが走馬灯のように
引き出されて大変な事になりますね!!

上映2回目は大丈夫だったから、しっかり映像に集中したよw
TPKの曲が大好きなのでノリノリ気分にもなった。歌わせろ~!
「2010年○○編~」て文字もカッコイイよね。熱くなった。


【上映:本編バダップ】
待ってましたー!!一番の目的バダップの出番は妥当な感じですね。
そりゃ最初はメッチャ期待したけど、イナダンの雪村事件を
思い出しながら過度な期待を押さえてました。
上映時間が23分とわかった時は、かーなーり覚悟したけど。

バダップ厨を3年以上やってる者としては、相当モンペ化してるんで
背番号は何?!誰が10番よー?!ヒロト?!白竜?!って
なってましたが、なんと!バダップは…背番号10を保持!!
10番様です!配慮されました!
ヒロトが18番持ちで良かったね!白竜も空気読んだね、偉いね!

白竜は単体シュートが決まり、特にチームワークや連携が
乱れたわけでもない 不動+バダップ+白竜 の合体技が決まらない
のはオヤオヤ?!でしたけど白竜はカワイイので許せます。

バダップは寡黙で冷静で無駄のない子なので、
それを利用されて会話がない事も覚悟してたんですが
名乗り以外にもそこそこ掛け声などがあってFW万歳です。

バダップが「白竜!」って仲間の名を呼んだよ。
知ってますか? オーガ襲来にて、エスカバやミストレは
名前を呼ばれていません。バダップ隊長の合図があるから
余計な事を言わんでもいいって事なんですけども。
(デスブレイク発動条件に関しては追い込まれた時にする
 行動だったのか、バダップぶちギレで空気読んだのか…
 いずれにしても隊長に従うエス&ミスかわいい!)

ちょい脱線しましたが、そんなわけで試合中の
味方の名前呼びは新鮮でした。チームにとけ込んでいる!

皇帝ペンギン2号では、白竜(福潤)とバダップ(神谷)の
「にごう!!!」が聞けました!掛け合ってました!
フクジュンのおかげで素晴らしきハーモニーになった事も感謝!
バダ「2号!」 白竜「にごほぉ!!」 みたいな合唱コンクール。

白竜とFWの2トップだったからキックオフの蹴り始めから
出番が見れて!小さな姿だけど、自分が常にバダップに照準する
ハルコビジョン(スラダン)が働いてるから、バダップ全てを
漏らさずに追って見れたはずです。2上映とも。間違いない。
バダップを転ばせたのは霧野ですよ。前方不注意嫁です。

バダップはゲームの2行設定で「クールな笑みで周りを圧倒する」
と記され劇場版のポスターもそれを引き継ぎ、発売時期を合わせた
TCGのカードもクールな笑みでした。
しかし劇場版と小説版ではそんな事ありませんでした。
そしてドリマ版では原点にかえったのかクールな笑みが
復活してました! これいつのバダップだろう…。
サッカーを覚えろと命令されて以降の…、その辺は自由に
二次創作しろと投げられたので、皆さん宿題がんばりましょう。

本当かわいかったなぁ…嫁ちゃん(=サンダユウの嫁の意)が
一番可愛い、間違いない。ホントかわいすぎた。お菓子隊。

ライバルイレブン登場時の集合立てひざ。キメの厨2さに
笑いを堪えながら、隙間からバダップのおぱんつ見えないかな
ってドキドキしてた。描いてないのに見えるワケないじゃない!


【上映:本編】
バダ厨がバダップ以外の事を語れるかっていったら、
よそ様の感想の方がずっと良い事いってると思うのですが、
ベストオブ最高に良かったのはアフロディ関係ですね!!
ヒストリーでも世宇子の神々しさを再確認できたし、
やっぱり良いキャラだなぁ。無印の2期や3期の再登場は
チョット残念なところあったので、劇場でまた神キャラらしい
扱いをしてくれて満足でした。天馬かわいい。
バダップは「神をも喰らう鬼」って厨2の名乗りをしたから
会話くるかと期待したけどソレは無かったね…。カノンも…。

とにかく23分にしてはよく楽しませてくれたと思います!
GOも頑張ってるなと思ったのは、やっぱり必殺技演出ね。
新規ではない既存技だけどフェイの兎ジャンプやSARU
や瞬木のシュートは躍動感あって大好き。
不動も新規でめっさカッコいいトラップあったよね。

1つ残念さを挙げるなら吹雪の出番ですけど。役どころとして
無印では4番目のメインキャラだと思ってるから、全く出ない
とは思わなかったゼヨ~!染岡と風(=見えない)になってた。


【続く】
次は舞台挨拶について書きたいんだけど、既に長すぎた!
仕方ない!簡潔に完結できるわけがない!続きはまた後日~!

posted by TORA at 17:17| イナズマ | 更新情報をチェックする